医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

安全環境管理室

医療安全管理体制組織図

多職種による組織横断的な活動を通して、
病院全体で医療安全に取り組む風土を醸成します。

医療安全グループ

患者の皆さまへ

医療安全グループは患者さんと一緒に「安全な医療」が行われる環境づくりに取り組んでいます。
診察を受ける、検査を受ける、治療のために入院するなど医療行為のさまざまな場面で患者さんは“医療従事者”と関わります。医療従事者には医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師など色々な職種のスタッフがいますので、スタッフ同士が協力して“チーム医療”を実践します。そこに欠かすことができないのは、何より患者さん自身が、そのチームの一員として参加していただくことです。安全な医療を目指して、医療安全グループは患者さんとのより良いコミュニケーションを求め続けます。

医療安全グループの活動

医療安全グループはSMTとSMTワーキンググループと一緒に、病院全体の医療安全に取り組んでいます。
ワーキンググループのメンバーは各部署から選出され、医師や看護師・薬剤師をはじめ、ほぼすべての職種から成り立っています。メンバーは、名札にピンクのSMTバッチをつけて、セーフティマネージャーである師長やリーダーと共に、各部署内で起こったインシデントやアクシデントに対する分析や対応策を積極的に考案します。 また、6つのチームに分かれてさまざまな医療安全パトロールや対策の検討などのグループ活動も行っています。

医療安全を推進する6つのチーム

チームA医療安全教育
コミュニケーションは医療安全の基本です。
安全なチーム医療を推進するため、各部署での医療安全活動の状況を確認したり、研修を企画・開催したりして、コミュニケーション能力の向上に努めています。
チーム医療には円滑なコミュニケーションが欠かせません。

チームB医薬品管理
患者さんがお薬を正しく、安全に服薬していただくにはどのような場面で、どのような確認が必要か、どんなチームワークが必要なのかなどを検討しています。
せっかく効果のあるお薬であっても、飲み忘れてしまったり、飲む量や回数を間違えてしまったりしては台無しです。そればかりか、薬によっては危険を伴うものとなってしまいます。

チームC転落転倒防止
病棟を巡回し、入院中の患者さんが転倒・転落しないよう状態の評価ができているか、ベッド周囲の環境が整えられているかなどの対策が行われているかを確認します。
患者さんが、ベッドから転落したり、廊下などでつまずいて転んだりすることがないように、各病棟のスタッフは個々に対策をしています。

チームD心電図モニター適正使用
心電図モニターは心臓の電気的活動を連続的に観察する医療機器です。心電図モニターが適切に使用されているか調査しています。
設定が正しくないと、必要でないアラームが頻回に鳴り、患者さんの重篤な状態など本来監視すべき異常を見逃してしまう危険性があります。

チームEKYT活動の推進
KYTとは「K:危険、Y:予知、T:トレーニング」の頭文字です。どんな危険があるか察知することができれば、多くの事故を回避できます。病棟を巡回して危険箇所がないか調査し改善を呼びかけています。また、指差し呼称を院内全体に浸透させるよう取り組んでいます。
指差し呼称を院内全体に浸透させ「目・声・耳・手」の四重チェックで現場で予測される危険を未然に防ぎます。

チームF術前チェックシステム
手術や検査を妨げる薬の服薬管理を確実に実施することを目的とし、手術や検査の前の確認手順を検討しています。
血液を固まりにくくするお薬は、手術や出血を伴う検査の前に一定期間中止する必要があります。また、薬の変更が必要になることがあります。

感染管理グループ

患者の皆さまへ

ICTの主な役割は、病院内で起こり得る感染の予防、感染が起きてしまった時の早急な対応です。常に病院の問題となる感染の監視を行い、発生し得る感染対策上の問題について予防対策を実行しています。
病院には、患者の皆さまやその家族、救急隊や業者の方など多くの方が訪問されます。入院されている患者さんはもちろん、訪問された全ての人、そして職員を感染から守り、安心して利用できる病院にするために、日々活動しています 。

活動の一例

現場を見回るラウンド活動
実際の現場で行われている感染対策の確認を行います。問題点を注意するだけでなく、現場と共に改善点を考え対策するよう心がけています。スタッフが感染対策に取り組みやすい職場を目指します。

スタッフ教育
感染管理教育は、全職員が対象です。時に、地域の方々や救命士の方々にも行います。感染対策は、日々進歩します。常に新しい知識が伝わるよう、頻繁に教育を行っています。

抗菌薬の検討会
正しく抗菌薬を選択することは、有効な治療を行うとともに細菌の薬剤に対する耐性化を防ぐことにつながります。患者さんにとって最適な治療を提供するため、多職種で日々協議しています。
※耐性化:細菌が薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のこと。

その他の活動
アウトブレイクの対応、感染率の監視(サーベイランス)、ICTワーキング活動、地域の病院との盛んな情報交換、カンファレンスや相互監査など。ICTは、感染に携わるさまざまな活動を行っています。

患者・家族の皆さまへ

感染予防対策ご協力のお願い

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談