骨塩定量検査

骨塩定量検査とは

骨塩定量検査は、DXA法(Dual Energy X-ray Absorptiometry)というエネルギーが異なる2種類のX線を利用する方法で、カルシウムなどのミネラルが骨にどれくらい含まれているか(骨密度)を測定します。

使用装置

GE社製 DPX-BRAVO

検査の流れ・所要時間

装置に仰向けに寝ていただき、腰椎・大腿骨で測定します。
所要時間は15~30分です。

注意事項

金属・プラスチック・カイロなどは測定の妨げになります。検査時は外していただく必要がありますので、あらかじめご了承ください。
また、胃透視などのバリウム検査やCTなどで造影剤を使用した場合は、測定値に影響する可能性があります。造影検査を受けてから1週間以内に検査を予定されている場合は、スタッフまでお申し出ください。