超音波検査 | 放射線技術科 | 診療技術部 | 部門紹介 | 医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

超音波検査

超音波検査とは

超音波検査は、エコー検査とも呼ばれます。高周波の音波(超音波)を使用するため、一般撮影やCT検査と違って被ばくはしません。体の中での音波の反射を利用して臓器の形態や血流などを観察します。超音波検査は、以下のような特徴があります。

使用装置

Canon社製 Aplio 500、Aplio 300
日立製作所社製 Ascendus
GE社製 LOGIQ P5(病棟ポータブル用)
コニカミノルタ社製 Aixplorer

検査の流れ・所要時間

<腹部検査(消化管・ヘルニア含む)>
ベッドに仰向けで寝て、必要に応じて体位変換(側臥位・座位など)を行います。検査中に、息を吸ったり吐いたり、お腹を膨らませたりしていただきます。
腹部を圧迫することがありますので、痛みを感じた場合はお知らせください。
所要時間は15分です。(検査部位や検査内容により、検査時間は異なります。)
<表在・血管系検査>
検査部位に応じて、ベッドに仰向けになっていただく場合や、椅子(車いす)に座ったまま行う場合があります。
所要時間は15分です。(検査部位や検査内容により、検査時間は異なります。)

注意事項

<腹部・消化管検査>
検査の4時間前より絶食となります。水またはお茶は少量飲んでも結構です。医師より処方されているお薬は、規定の時間に飲んでください。
<上下腹部検査または腎・膀胱検査>
尿の貯まった状態で検査を行いますので、検査前60分程度は排尿しないようご協力をお願いします。トイレが我慢できない場合は、遠慮なく担当技師にお申し出ください。

地域医療機関の方へ

当院の超音波室には4台のUS装置があり、うち1台はポータブル専用装置として使用しています。対象臓器は、腹部(消化管・ヘルニア含む)、表在(甲状腺やリンパ節)、血管(上下肢動静脈、腹部大動脈、腎動脈)など多岐にわたります。 
近年、超音波検査件数は増加傾向にあります。当科では、検査の質向上と患者さん受け入れ体制の充実に日々努めております。
検査を依頼していただく際は、「放射線委託検査のご案内」をご活用ください。なお、検査に関してご不明な点やご相談などございましたら、お気軽に地域連携室までお問い合わせください。

お問い合わせ先:地域連携室 TEL 0566-25-8304

Q&A