放射線検査

一般撮影

CR装置を使用し、胸部、腹部、骨などの単純撮影を行います。

X線TV検査

DR-X線TV装置を使用し、主に胃透視、注腸などの消化管検査を行います。

X線CT検査

16列マルチスライスCT装置を使用し、頭部・胸部・腹部を中心に全身の断層画像を撮影します。短時間の息止めで検査することができます。

超音波検査

耳では聞くことができない高い周波数の音波を使用し、甲状腺、頸部血管、心臓、腹部、四肢血管などを検査します。
放射線を使用しないので放射線被ばくの心配がありません。

骨塩定量検査

エネルギーが違う2種類のX線を利用して、骨中のカルシウム量を測定し、骨密度を測定します。検査部位は前腕骨で、痛みなく検査することができます。