医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

災害拠点病院(地域中核災害医療センター)として

有事の際、災害拠点病院の機能を発揮します。

災害拠点病院としての備え

被災者受入スペースの確保

大規模災害時には、健診センターの待合椅子をベッドにし、1・2階で被災者を受け入れ。
酸素・吸引設備が機能を発揮します。

大地震にも強い建物

鉄筋コンクリート造りの免震構造に、より安定した電力を受電できる特別高圧電気設備を整備。
また、火災時には、採光部分から排煙することもできます。

地震の衝撃を吸収する免震層

建物と基礎の間に免震層を設けた免震構造により、地震の動きが直接建物に伝わることを防ぎます。地震の際は建物全体がゆっくり動きますので損傷が少なく、地震時に建物内にいても安心です。

ページトップへ