医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

ロボット支援直腸がん手術(保険診療)

ロボット支援直腸切除術(保険診療)とは?

当院では、平成30年4月から保険診療として認可された「ロボット支援直腸切除術」を消化器・一般外科において実施しております。 手術支援ロボット・ダヴィンチを利用して直腸がんを切除する腹腔鏡手術です。

対象は?

対象:直腸がんでも特に肛門に近い下部直腸を主にロボット手術の適応を考慮しています。
その理由は3点。

ロボット手術の方が腹腔鏡手術や開腹手術に比べ肛門温存ができる可能性が高いからです。直腸がんというとすぐに人工肛門というイメージがあります。がんが肛門に近くなればなるほど人工肛門となる可能性が高くなります。その点、狭い骨盤内ではロボットの特性を十分発揮でき、骨盤奥深くまで操作ができることからより多くの患者さんに肛門温存が可能となり得ます。
ロボット手術の方が腹腔鏡手術や開腹手術に比べ排尿障害、性機能障害が減らせられるからです。直腸のすぐ横に存在する骨盤神経叢(そう)と言って排尿や性機能を司っている神経の束があります。下部の直腸癌手術の際にはその神経の束を触らざるを得ません。ロボット手術では鉗子の先端が540度回転させられることから適切な角度で左右の神経の束に沿っての手術が可能で神経の障害が減らせられているからと考えています。
ロボット手術の方が腹腔鏡手術や開腹手術に比べコストがかかるからです。保険収載されたロボット手術は腹腔鏡手術と同額に設定されました。しかし、ロボット手術の方が一回の手術にかかるコストは高くなります。限られた医療資源の中最も効率のいい医療が求められていることから、すべての直腸がん患者さんにではなくロボット手術が適切であると判断された患者さんにロボット手術を行っていき、腹腔鏡手術や開腹手術が適していると判断した患者さんにはそれぞれの手術を行っていきたいと考えています。

実績は?

消化器外科部長、小林が平成29年4月に刈谷豊田総合病院に着任して以来準備を重ね同年6月に開始でき30年3月までに7例の方に自費診療で行いました。小林は過去の診療実績から学会からロボット直腸手術の指導医として認められ全国の病院でロボット手術の指導に従事し日本でのロボット手術の普及に貢献していきます。

入院期間・費用は?

手術費用と入院期間の目安、および1割負担の方、3割負担の方の自己負担金額は以下のとおりです。
平成30年4月から保険診療として認められていますので、手術費を含めた入院費は健康保険の適応となります。

直腸がん手術内容 入院期間 手術費用(入院費含む) 1割負担者 3割負担者
開腹による直腸低位前方切除術 10日 約145万円 約14.5万円 約43.5万円
従来の腹腔鏡下直低位前方切除術 10日 約162万円 約16.2万円 約48.6万円
ロボット支援直腸低位前方術(ダヴィンチ) 10日 約162万円 約16.2万円 約48.6万円

医療費が高額と予想される患者さんについて

費用は高額療養費の対象になります。

健康保険や国民健康保険加入者が、同じ月内に同じ医療機関に支払う医療費の自己負担額(食事の費用・自費分は除く)が高額になった場合は、限度額の認定証の交付を受け、入院事務担当者にご提示いただくと、病院窓口での自己負担額が限度額までの金額となります。(70歳未満の方が対象で、健康保険組合や国保窓口に事前に申請が必要です。)
詳しくは入院案内もしくは当院医事室へお問い合わせください。

病院紹介一覧に戻る

information病院紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談