1棟11階31床・血液浄化室16床
内分泌・代謝内科 腎・膠原病内科

医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床工学技士・臨床検査技師・リハビリスタッフなどの
多職種が連携したチーム医療に取り組み、退院後の生活にむけた療養支援を行っています。

内分泌・代謝内科、腎・膠原病内科の疾患は、慢性疾患で治癒する病気ではありません。患者さんは病気の治療(薬物療法・食事療法・運動療法など)を継続しながら、日常生活の中で体調管理をすることが重要となります。
患者さんが病気を進行させないように自己管理するためには、専門的な知識・技術が必要となります。専門性をもった医療職者がチームとなり、患者さんと信頼関係を築きながら、病気や自己管理方法についてわかりやすく説明を行い、患者さんが生活の中で病気とうまく付き合い、質(満足感や生き甲斐)の高い療養生活を送ることができるようなサポートを心がけています。

主な疾患

糖尿病・甲状腺疾患・慢性腎臓病・膠原病 など




1棟12階22床 特別個室

患者・家族の皆さまの言葉に耳を傾け、
療養中であっても「自分らしいこと、快適であること」を目指します。

院内最上階に位置し、窓からの自然光によりとても暖かく、明るい病棟です。全室個室で、「やすらぎのある静かな環境」が提供できるよう配慮しています。
腹腔鏡・胸腔鏡手術、癌治療、耳鼻科手術、泌尿器科手術を行う患者さんが多く、在院日数が比較的短くなっています。短期間の入院でも、患者さんやご家族の皆さまとあたたかい人間関係を築けるようにしています。
治療に伴う「不安」や「痛み」に対して、迅速に対応し、患者さんの「思い」を大切にした看護の提供を心がけています。そして、安心して医療が受けられるよう各専門分野の新しい知識の学習と確実な看護技術の習得に努めています。

主な疾患

個室を希望される全ての方に対応