1棟9階47床 消化器内科

他職種と協働し、患者のQOLを考慮しながら、
在宅療養へ移行できるよう支援しています。

消化器内科には、内視鏡検査や非外科手術、また悪性腫瘍に対して化学療法を受けられる患者さんが入院しています。
消化器系の疾患は、治療を受けながら病気とうまく付き合っていかなければならない場合が多く、入退院を繰り返される患者さんも少なくありません。このような状況のなかでの患者さんに対し、担当看護師を中心に患者のみならず、家族に対しても、可能な限り希望を取り入れ、他職種と共にケアを提供しています。
温かい笑顔と心のこもった看護を提供できるように努力しています。

主な疾患

逆流性食道炎・食道静脈瘤・胃がん・消化性潰瘍(胃十二指腸潰瘍)・炎症性腸疾患・虚血性腸炎・胆石症・胆道系腫瘍・膵腫瘍 など