1棟2階42床 回復期リハビリテーション病棟

ベッドから離れて活動する時間を増やし、
他職種で連携し退院に向けた援助を行っています。

病気や障害を持って退院する患者さんの社会・在宅復帰のために、総合的なリハビリテーションを行い、退院後の生活について、患者・家族と専門スタッフで相談・準備していきます。
入院生活そのものが生活リハビリテーションです。「食事は食堂で」「排泄はトイレで」「保清は浴室で」を目指し、活動能力に合わせて看護を行っています。ベッドや車いすをはじめ、福祉用具の充実をはかり、季節の行事をレクリエーションに取り入れるなどリハビリテーションを行いやすい環境設定を心がけています。
病棟スタッフは医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーで、患者さんがその人らしく生活できるよう支援していきます。

主な疾患

大腿骨頸部骨折・脳出血・脊髄損傷・脳梗塞・交通外傷・クモ膜下出血・脳腫瘍・脊柱管狭窄症・腰椎圧迫骨折・頭部外傷・変形性膝関節症