Q&A

血管撮影

CTやMRI、超音波も検査したのに血管撮影も受けなければいけないのですか?
血管撮影は、造影剤を使用することで他の検査よりも明瞭に血管が描出でき、そこから詳細な血液の循環状態や臓器への血管、腫瘍に栄養を送っている血管などの情報が得られます。さらにその場で治療を行うことができるため、血管撮影も併せて行うことをおすすめします。
検査時間が長くなったときの被ばく量は大丈夫でしょうか?
治療を行うときには、検査の内容や繰り返し行われることで長時間の検査になり、同じ部位への照射が避けられないことがあります。しかし、最新の医療機器を導入して少ない被ばく量で検査を行い、X線が同じ箇所に大量に当たらないように医師と技師で十分配慮しておりますのでご安心ください。検査中は技師が注意深く監視し、具体的な被ばく量を把握しています。

血管撮影