医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術とは?

2006年7月に世界のホームラン王である王貞治さんが胃がんとなり、胃を全て切除する胃全摘出術でおなかを切らない外科手術である腹腔鏡下手術(ふくくうきょうかしゅじゅつ)によって治療が行われました。新聞やマスコミで大きく取り上げられたことで、腹腔鏡下手術という言葉が一般の方々に知られるようになってきました。しかしながら、まだまだ腹腔鏡下手術をご存知のない方々もたくさんいらっしゃると思います。皆さまは、おなかを切らない腹腔鏡下手術がどのような手術か知っていますか?
この腹腔鏡下手術とは、現在行われている胃の内視鏡(胃カメラ)や大腸の内視鏡(大腸カメラ)を使用してポリープや腫瘍を切除する消化管内視鏡手術とは全く異なる手術です。従来は外科医がおなかを大きく切り開いて胃がん、大腸がんなどの手術治療を行ってきました。一方、腹腔鏡下手術では、大きくおなかを切り開かずに腹腔鏡(ふくくうきょう)と呼ばれるカメラ(電子スコープ)を使用しておなかの中の様子をモニター画面に映し出し、3㎜、5㎜、10㎜程のいくつかの小さな孔をおなかに開けて、長い手術道具をおなかの外から操作して行います。
腹腔鏡下手術が開発されるまでの外科手術は、開腹手術しかありませんでした。開腹手術とは、まずおなかを大きく切り開きます。その大きく切り開いたおなかの傷を利用して何人かの外科医師がいくつかの手や手術器具を切り開いたおなかの中に直接入れて、目(肉眼)でおなかの中の臓器を見ながら病気になった悪い部位を外科医の手で切り取って、つなぎ合わせます。その後に大きく切り開いたおなかの壁を糸で縫い合わせる方法が外科手術の中心でした。
一般の患者さんは、「手術は大きくおなかを切り開くので、手術後の痛みも強く怖いもの」というイメージがありました。ところが、1990年に胆のうに石のある胆石症患者さんに対して日本で初めて腹腔鏡下手術が行われ、外科学会で報告されました。胆のうを取り出す手術がおなかを切らずに小さな孔だけで行える腹腔鏡下手術の時代が到来したのです。それ以来日本中に腹腔鏡下胆のう摘出術は爆発的に広がりました。その後、さまざまな病気に対しておなかを切り開く手術ではなく腹腔鏡下手術が行われるようになり、現在でも日々確実に進化しているのです。

方法は?

“腹腔(ふくくう・ふくこう)”とは、いわゆる「おなかの中の空間」であり、胃や腸や肝臓などが納まっているところです。“鏡”とは「カメラ」を意味しています。つまり「おなかの中の空間」に「カメラ」を入れて行う手術です。手術時に使用するカメラは腹腔鏡(ふくくうきょう)と呼ばれ、先端が自由に曲がる胃カメラのようなものもあります。
腹腔鏡下手術は全身麻酔で行い、寝ている間に「おなか」の壁に3mmから10mmの小さな孔を開けます。トロッカーと呼ばれる細い筒をその小さく切開した皮膚の穴から差し込みます(図1)。そのトロッカーの先端より腹腔内に炭酸ガスを注入します(図2)。その筒の中に腹腔鏡(カメラ)を通すことで、おなかの中全体を見ることができるのです(図3)。トロッカーの先端は刃物のようにとがっていない安全な筒を使用しています。腹腔鏡(カメラ)は現在用いられている胃カメラと同様の電子スコープというもので、おなかの中の臓器や血管、神経などがフルハイビジョンによるカラー映像で、人間が目(肉眼)で見るよりはるかに微細で鮮明に映し出されます。腹腔鏡の手術映像は、髪の毛ほどの血管が2㎝以上の太さで映し出され、驚くほど拡大して詳細に見ることができるのです。


  • 図1

  • 図2

  • 図3

しかし、ただカメラを入れるだけではおなかの中には空間がありませんので、中をのぞき込むことができません。おなかの中にきれいな炭酸ガス(CO2:二酸化炭素)を吹き入れることでおなかの壁がドーム状に持ち上がり、十分な空間が確保できるのです。手術時、患者さんは仰向きに寝ているため、胃、大腸、小腸、肝臓、胆嚢、子宮などの臓器は背中のほうに落ちており、炭酸ガスの注入でおなかの壁だけがまるでテントを張ったように持ち上がった状態になります(図4)。注入された炭酸ガスは手術が終わればトロッカーの筒から抜き取りますが、体内に残っても早期に吸収され、呼吸で口から外に出て行きますので全く心配はいりません。
おなかの壁を炭酸ガス(CO2:二酸化炭素)で持ち上げて空間を確保した後にさらに2~3個の小さな穴をあけ、そこより特殊な電気メス、超音波凝固メス、はさみ、ピンセットなどの鉗子(かんし)と呼ばれる器械をおなかの中に挿入します(図5)。手術室のいくつかのモニターに腹腔内の詳細な映像が映し出されます。それらのモニターを見ながら、私たち外科医は非常に細かい作業で手術を行うのです。
小さな穴だけで胃がん、大腸がん、脱腸(鼠径ヘルニア)、胆のう結石症などのあらゆる手術が可能になりましたが、菜箸(さいばし)のような長い器械を使用して、実際に外科医が手で触れることなく、二次元平面画像であるモニター画面だけを見ながら行う手術ですので、外科医にとって難易度は高く、高度な技術が必要となります。従って、腹腔鏡下手術のトレーニングを積んだ外科医が行う手術なのです。
腹腔鏡下手術は、患者さんにとっては傷が小さいことから術後の痛みは極めて少なく、術後早期に歩行が可能で、食事の開始も早く、入院期間も短く早く退院できます。社会復帰や仕事への復帰も早期にできるようになります。ご高齢の方でも手術後の回復は驚くほど早いといわれています。


  • 図4

  • 図5

対象は?

以下に一般的や先進的な施設で腹腔鏡下手術が可能なものを挙げます。

現在行われている消化器・一般外科における腹腔鏡下手術

  • 胃がん・胃腫瘍手術(胃切除術、胃全摘出術)
  • 大腸がん・大腸腫瘍・大腸炎手術(大腸切除術、大腸全摘出術)
  • ヘルニア修復術(脱腸の手術)
  • 胆のう摘出術(胆石症・胆のうポリープの手術)
  • 総胆管結石症手術
  • 逆流性食道炎に対する手術
  • 食道がん・食道腫瘍手術
  • 脾臓摘出術
  • 小腸腫瘍手術
  • 虫垂炎手術(もうちょう)
  • 十二指腸潰瘍穿孔性腹膜炎手術
  • 一般的な腹膜炎手術
  • 腸閉塞症手術
  • 肝臓腫瘍手術
  • すい臓腫瘍手術
  • 腹壁瘢痕ヘルニア手術

腹腔鏡下胃がん(胃癌)手術、大腸がん(大腸癌)手術とは?


  • 図6

  • 図7

胃がん(胃癌)、大腸がん(大腸癌)の腹腔鏡下手術では、3-12mmの4~6カ所小さな穴から手術を行います。その中の1カ所から腹腔鏡と呼ばれるカメラ(電子スコープ)を挿入して腹腔内の胃や大腸の様子をモニターに映し出します。
手術は一般的に3人で行います。一人の外科医が腹腔鏡カメラを持って正確な映像を映し出します。手術操作は2名の外科医が両手を使って、4個の小さな穴から鉗子と呼ばれる長くて細い手の代わりをする器具を挿入して、モニターに映し出された胃や大腸の血管を丁寧に一本ずつ切っていきます(図6、7)。超音波凝固切開装置と呼ばれる特殊な止血装置を使用することで、普通の開腹手術のようにおなかの中に手を入れて血管を糸で縛ることなく、凝固止血をしながら切り離していきます。この操作を数ミリずつ何度も丁寧に繰り返すことで、おなかの中で胃や大腸が周囲の臓器から切り離されます。その後4cm程の切開を置きます。その4cm程切開した小さな穴より、病気のがん(癌)の部位の胃や大腸をおなかの外に取り出します。胃がん(胃癌)の場合は、病変部を切除後は、その4cmの穴を利用して残った胃と十二指腸か小腸をつなぎ合わせます。同様に大腸がんの場合は大腸と大腸か大腸と小腸をつなぎ合わせます。このような方法で非常に小さな傷だけで、胃がんや大腸がんの手術が可能になるのです。

図8、図9は腹腔鏡下手術後の患者さんの腹部の写真です。図10の開腹手術の傷と比較すると非常に小さな傷あとです。何年もするとほとんど傷あとは消えてなくなってしまう患者さんもいらっしゃいますので、傷が消えると同時に手術をした嫌な思い出も消えていくようです。
おなかを大きく切開する開腹手術では目(肉眼)で見ながら手術を行いますが、目(肉眼)では見ることのできない臓器の裏側や細かい神経走行もハイビジョン映像により拡大視しながら詳細に確認できます。がん(癌)細胞が含まれる可能性のあるリンパ節を丁寧に切除し、必要な神経をできる限り温存することで患者さんのがん(癌)の再発が防止でき、将来の生活の質を向上させることができると思われます。


  • 図8

  • 図9

  • 図10

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(ラパヘル)とは?

鼠径ヘルニア (脱腸) とはどのような病気でしょうか?

一般に理解されている脱腸とは、医学的には鼠径ヘルニアと呼ばれる病気です。「ヘルニア」とは「何かが飛び出る」ことをいいます。鼠径ヘルニア(脱腸)とは、小腸などの臓器がおなかの筋肉の壁の隙間から外に飛び出してくる病気なのです。整形外科の椎間板ヘルニアは、椎間板が飛び出る病気であり、腸などが飛び出る鼠径ヘルニア(脱腸)とはまったく異なった背中(背骨)の病気です。 
男性の場合、母親の胎内にいる時に、おなかの中でできた睾丸がおなかの壁を通過して体の外に出てきます。
睾丸が体の外に固定されると、筋肉の成長とともにその通ってきたトンネルが閉じます。幼児や小児期は、このトンネルの中に腹膜の袋が残ることによって起こります。したがって、子どものヘルニア治療は、このトンネルの出口を糸でしばって閉じることで手術が完了します。一方、成人の鼠径ヘルニア(脱腸)では、子どものときに一度閉じたトンネル周囲の筋肉が弱くなったり、メタボリックなどにより腹部内脂肪が増えたりすることでおなかの内圧が高まり、大人になって再び小児期のトンネルの出口が開いてしまう場合が最も多いといわれています。それ以外にも、加齢に伴って下腹部の筋肉のつなぎ目に弱い部分ができ、その弱い部分がゴムのように緩むことで再びトンネルができるヘルニアなどもあります。
誰でも筋肉と筋肉のつなぎ目をたくさん持っていて、ヘルニア(脱腸)の原因となる穴は特殊なものを含めれば3~4個あります。同じ脱腸でも原因は一つだけではなく、全ての人の下腹部に穴が開く可能性があります。同時に脱腸となる穴が2~3個ある場合もあります。女性ではヘルニア(脱腸)は男性より少ない傾向にありますが、子宮を固定している靭帯が通過するトンネルが原因でヘルニア(脱腸)が起こることがあります。
要するに鼠径ヘルニア(脱腸)とは、男性でも女性でも下腹部の筋肉が緩んだり弱くなったりすることで、つなぎ目の部位に穴が開いてトンネルができ、おなかの中の腸管や卵巣、脂肪が飛び出してくる病気なのです。穴が開く原因は一つではありませんので、確実な診断と治療を行うことが重要です。現時点での治療法は手術しかありません。

鼠径ヘルニア (脱腸) をそのまま放置するとどうなりますか?

鼠径ヘルニア(脱腸)を放置していると図11のように穴が次第に大きくなり、体の外にある睾丸に向かってだんだん下がって大きく膨らんできます。穴が大きくなればたくさんの腸が飛び出すようになり、時には飛び出た腸管がおなかの中に戻らなくなることがあります。このような状態をカントン(嵌頓)といいます。
カントン(嵌頓)が起こると腸閉塞や腸管の血流障害を起こす可能性や、女性では卵巣がはまってしまう場合があります。突然おなかが激しく痛くなり、救急車で来院されて緊急手術になる患者さんが年間に何人もいらっしゃいます。最悪の場合には、カントン(嵌頓)して飛び出た腸や卵巣が腐ってしまい、腸管や卵巣の切除、さらには命にかかわる緊急手術となる場合もあります。


  • 図11

鼠経ヘルニア(脱腸)はおなかに穴が開いているだけの病気であり、腸がカントン(嵌頓)しなければ日常的には痛みを伴いません。痛みがないので放置される場合も多いと思われますが、決して鼠径ヘルニア(脱腸)が自然に治ることはなく、ゆっくりと進行していきます。脱腸帯と呼ばれるヘルニアバンドで圧迫固定している患者さんもいらっしゃいますが、脱腸帯が時にはカントン(嵌頓)を誘発する危険性もあり注意が必要です。早めに手術治療を行う場合は、この穴を閉じるだけの手術になりますが、痛みが出てカントン(嵌頓)状態で緊急手術をする場合には、腸を切り取らなければいけない場合もあり、大手術となってしまうこともあるのです。
下腹部の膨らみがあったり鼠径ヘルニアが疑われたりする時は、医療機関に相談してください。

立っているときの鼠径ヘルニア (脱腸)の状態

図12は立っているときの状態です。おなかの中の腸が膨らんで外に出ていますが、ねじれや血流障害がなければ一般的にあまり痛みはありません。腸管などで下腹部が膨らんでいるだけであれば大きな心配はありません。
鼠径ヘルニア(脱腸)では、脱出した小腸などの臓器が圧迫される違和感や立位・歩行時に時々起こる変な痛み、引っ張られているような不快感を伴う場合も多くあり、症状のある場合は手術治療の対象となります。


図12

寝ているときの鼠径ヘルニア (脱腸)の状態

図13は寝ている状態です。一般的に、仰向けに寝ることで腸管などはおなかの中に戻りますので、痛みや不快感が全くなくなってしまうのが鼠径ヘルニア(脱腸)の特徴です。引っ張られるようなおなかの痛みが継続する場合や、膨らんだ腸がいつもと違って戻らなくなった場合には、すぐさま仰向けに寝て膝を曲げ、おなかの力を抜いて腸管を戻しておくことをおすすめします。


図13

カントン(嵌頓)した鼠径ヘルニア (脱腸)の状態

図14はカントン(嵌頓)状態です。腸管などが出たままになり、血流障害が起きています。このような患者さんは救急車で来院され、緊急手術となることが多くあります。 この場合、一般的な治療ではなく腸管を切除するなどの命にかかわるような大手術になってしまうこともあります。
下腹部で膨らんでいる部分の痛みが継続しているときに、仰向けに寝ても腸管脱出の膨らみが戻らなくて強い痛みがあるときには、できる限り早期に病院で診察を受けてください。早期に治療すれば、腸管の壊死を防止することができます。


図14

鼠径ヘルニア (脱腸)の治療法とは?

一度おなかの壁にトンネルや穴ができて鼠径ヘルニア(脱腸)になってしまうと薬では治療できません。治療法は手術だけです。
手術法にはいくつかの種類があり、病院によってさまざまです。手術の種類は異なっても、筋肉のつなぎ目に開いた穴を閉じて周囲の筋肉を固定するという目的は同じです。
従来の切開縫合手術では日帰り手術が可能です。しかし、局所麻酔で周囲の筋肉を縫い合わせて固定しますので、手術後はある程度の痛みや比較的強い突っ張り感がしばらく続き、一カ月ほど運動禁止制限がかかります。当院では、全身麻酔でおなかを切らずに小さな穴を開けて治療をする腹腔鏡下ヘルニア修復術(ラパヘル)を行っています。2泊3日の入院が必要ですが、傷が小さいため術後の回復が早く、手術後の痛みが極めて少ないことが特徴です。手術後3~5日目にはゴルフやジョギング、畑仕事などが開始できます。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(ラパヘル)とはどのような手術でしょうか?


  • 図15

  • 図16

  • 図17
(図15) 直径5㎜の非常に小さな穴から腹腔鏡カメラを入れる。
おなかの中に炭酸ガス(CO2)を注入して腹壁を持ち上げて大きな空間を作る。
内部を詳細に観察し、筋肉の開いたヘルニア門(脱腸の出口)の位置や種類を正確に診断する。
(図16) 細く長い手術器具を使用して腹腔内の操作を行う。
(図17) 医療用の薄い網(メッシュ)のシートを小さな孔からおなかの中に入れる。
おなかの中でそのシートを筋肉の欠損している穴の部分に内側から大きく覆うようにあてて閉じる。

この網(メッシュ)は特殊なポリプロピレンやポリエステルでできており、50年以上体内に入れておいても大丈夫な素材でできています。タイヤのパンクを内側から直すように、皮膚や筋肉を切り開くことなく、おなかの中から裏打ちのメッシュをあてて修復する極めて理にかなった治療法です。広げた網(メッシュ)が移動することが考えられますので、網(メッシュ)を縫合するのではなく、しばらくすると溶けてなくなる吸収性の小さなクリップで筋肉などに何カ所か網(メッシュ)を固定します。おなかの内側には「痛い」と感じる痛覚神経が基本的にありませんので、クリップ固定部や網(メッシュ)展開部の痛みはほとんどありません。鼠径ヘルニアの治療は、網(メッシュ)により筋肉の緩みを固定する手術ですので、筋肉がある程度固定されることで手術後ある程度の突っ張り感はありますが、痛みは非常に少ない手術となっています。このため、手術後に鎮痛剤をまったく使用しなかった患者さんも半数以上いらっしゃいます。

当院の標準的手術では、非常に小さな3個(5,5,3㎜)の穴だけで超細径化手術を行っています。手術後の痛みは極めて少なく、傷あとはほとんど残りません。鼠径ヘルニア(脱腸)をしばらく放置してしまい、ヘルニアの穴が大きく成長してしまった患者さんや特殊なヘルニアの患者さんでは、若干大きな網(メッシュ)を使用します。手術時には同じ3個の穴ですが10,5,5㎜の少し大きな穴による治療となります。
手術に使用した3個の穴の切開した皮膚は、手術後に皮膚用接着剤で固定しますので、手術終了時には入浴できる状態になります。手術後の消毒・抜糸などのための通院は必要ありません。術後には1~2週間前後と3カ月前後に1回ずつ受診していただきます。

お腹の中から腹腔鏡でみたヘルニアの穴

図18、19は腹腔鏡にておなかの中からみたヘルニア(脱腸)の穴です。正確に穴の位置が診断でき、さまざまなヘルニアの種類が確認できます。


  • 図18

  • 図19


図20

手術直後の皮膚の傷

図20は超細径化手術終了時のおなかの傷あとです。皮膚用接着剤で固定されています。手術後に消毒や抜糸は必要なく、手術翌日から入浴も可能です。時間がたてば、傷あとはほとんど消えて分からなくなってしまいます。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(ラパヘル)の手術成績

当院での手術後の再発は非常に少なく、0.4%(1000人に4人)以下となっています。日本における一般病院の再発率は4~5%(1000人に40~50人)程度といわれていますので、全国レベルの10分の1以下の再発率となっています。技術の高い外科スタッフが手術を行ってきたこと、腹壁ヘルニアに対する最新の手術器具や多種多様な手術材料を整備して手術に臨んでいることが再発率の低下につながっていると考えています。
また、全国の合併症率は8.1%(1000人に81名)程度といわれていますが、当院の合併症率は1.0%(1000人に10名)以下となっています。最高齢95歳の患者さん2名を含めた3000名以上のラパヘル手術症例の中で、手術後感染にて網(メッシュ)除去した例や輸血を必要とする大きな合併症は現時点では一例もありません。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(ラパヘル)の入院前後の経過

おへその近くの小さな穴から手術を行いますので、手術の前に陰毛などの毛を剃る必要は一切ありません。この手術は非常に繊細な操作が必要で、難易度の高い手術です。手術中に少しでも患者さんが動くと危険ですので、全身麻酔で眠っていただいて手術を行っています。全身麻酔の手術ですが、鼻から入れる胃の管やおしっこの管なども標準的な鼠径ヘルニア(脱腸)の場合には使用していません。両側治療の場合や難しい特殊なヘルニアの場合には必要となることがあります。
手術室では、麻酔の導入や手術の準備に1時間ほどかかります。手術時間は一般的には60分~90分ほどです。手術後は1時間ほどかけてゆっくり麻酔を覚まします。手術室滞在時間は約4時間前後となります。手術の難易度や両側治療の有無により手術時間は前後する場合があります。手術後は麻酔が完全に覚めてから病室に戻り、その後はトイレに歩いて行くことができます。おなかの壁を治療するだけの手術ですので、麻酔が覚めれば1~2時間後には食事ができます。
手術前日の午後に入院し、翌日に手術を行って、手術翌日の血液検査・X線検査などに異常がなければ午前中には退院できます。基本的に2泊3日の入院ですが、手術日程を短くしたい方は診察時にご相談ください。
できる限りご希望に沿うように検討いたします。

当院における平成14年からの鼠径ヘルニアの手術件数と腹腔鏡下手術比率の推移を示すグラフです。平成16年から開始した腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(ラパヘル)の手術件数は年々増加し、平成21年からは小児ヘルニアにも適応を拡大しました。平成16年の開始当初から現在まで、ほとんど再発のない手術を行っています。図21、22


  • 図21

  • 図22

手術は受ける病院で手術法や経過が異なります。ヘルニアの種類、年齢、全身状態、既往症などにより手術法や手術内容が異なることもあります。一生に何回も鼠径ヘルニア手術は受けませんが、再発させずに合併症の少ない手術を初回に受けることが非常に大切です。腹腔鏡ヘルニア専門外来では、患者さんとご相談しながら患者さんが希望される最も良い治療方法を選択しています。いつでもお気軽にご相談ください。

腹腔鏡ヘルニアセンターはこちら

おなかを切らずに虫垂炎(一般的には「もうちょう」と言われている病気)
腹膜炎・癒着性腸閉塞症の手術ができるの?

急性虫垂炎(もうちょう)、腹膜炎、腸閉塞症などは突然おなかが痛くなる病気です。これらの中にはCTやX線検査、血液検査でもおなかの痛む原因や病気の部位がはっきりしない場合があります。
今までの開腹手術では、おなかの中の隅々まで確認するためには大きくおなかを切り開く必要がありました。しかし、腹腔鏡下手術では、腹腔鏡と呼ばれるカメラを5㎜や10㎜の小さな孔から入れることで、おなかを大きく切らずにおなかの中を隅々まで観察して診断ができます。
急性虫垂炎(もうちょう)、腹膜炎、腸閉塞の場合には5mmや12mmの小さな孔を普通の場合には3カ所開けます。その中の1カ所から腹腔鏡カメラ(電子スコープ)を挿入して虫垂炎の炎症の程度や腸閉塞の原因となる癒着(腸がくっついてしまうこと)の様子をモニターに映し出すことができます。癒着性腸閉塞の場合には、大きくおなかを切らずに癒着の部分のみはずすことで劇的に腹痛が治ってしまう方もいらっしゃるのです。
腹膜炎ではおなかの中にある腸や虫垂などが破れて腸液やうみでおなかの中がいっぱいになってしまうことがあります。腹腔鏡下手術ではカメラで病気の位置を十分に確認しながら、生理食塩水でおなかを隅々まで洗浄することができます。おなかを大きく切り開くことなくきれいになるまで洗浄してそのまま治療することが可能です。急性虫垂炎(もうちょう)では、炎症を起こしている虫垂をおなかの中で切り取って別の傷をつけることなく、10mmのトロッカーと呼ばれる筒から取り出すため、ほとんど傷の残らない手術ができるのです。
当院の外科では患者さんと治療法を手術前に十分に相談して、腹腔鏡下手術の適応を決定しています。あらゆる治療は、第一に患者さんの利益になることが求められます。患者さんには十分治療内容が説明され、患者さんから同意を得た上で治療法の選択は行われなければならないと考えています。腹腔鏡下手術は非常に良い治療法の一つであると考えていますが、あくまでも治療方針を最終的に決定するのは患者さんご自身であることを常に基本としています。

入院期間・費用は?

手術費用と入院期間の目安、および1割負担の方、3割負担の方の自己負担金額は以下のとおりです。

腹腔鏡下手術主な内容 入院期間 手術費用(入院費含む) 1割負担者 3割負担者
胃がん(腹腔鏡下胃切除術) 約7日 150万円 15万円 50万円
胃がん(腹腔鏡下胃全摘術) 約7日 180万円 18万円 55万円
食道がん(腹腔鏡下食道悪性腫瘍手術) 約7日 250万円 25万円 75万円
結腸がん(腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術) 約7日 140万円 14万円 45万円
直腸がん(腹腔鏡下直腸切除・切断術) 約7日 180万円 18万円 55万円

医療費が高額と予想される患者さんについて

費用は高額療養費の対象になります。

健康保険や国民健康保険加入者が、同じ月内に同じ医療機関に支払う医療費の自己負担額(食事の費用・自費分は除く)が高額になった場合は、限度額の認定証の交付を受け、入院事務担当者にご提示いただくと、病院窓口での自己負担額が限度額までの金額となります。(70歳未満の方が対象で、健康保険組合や国保窓口に事前に申請が必要です。)
詳しくは入院案内もしくは当院医事室へお問い合わせください。

病院紹介一覧に戻る

information病院紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談