医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

薬剤師を目指す方へ

ごあいさつ

自分の得意分野を見つけ、各分野の専門性高める

薬剤部では忙しい業務の中、一人一人の薬剤師が自分の得意分野を持ち、その分野の専門性を高めることが薬剤師業務のレベルアップにもつながると考え、薬剤科の教育計画に、“新入職後4年間で日本薬剤師研修センター認定薬剤師、5年間で日本病院薬剤師会認定薬剤師の取得”を掲げ、その後は専門薬剤師の育成を進めています。
チーム医療の一員としての貢献が求められる中、病院薬剤師として何ができるか、何をすべきかといった役割について考え、新しい業務へ取り組み続けたいと考えます。

薬剤部長足立 守

薬剤部の特徴

多種多様な症例
症例数が多ければ、それだけ薬剤師としての知識・経験が積め、専門性を高めることにもつながります。
病棟常駐薬剤師
全病棟に薬剤師を配置し、薬品管理や患者さんへの薬剤管理指導を行っています。
また、カンファレンスへの参加などチーム医療の一員として医療の質をより高める役割を担っています。
専門分野への挑戦
感染、がん、NST、糖尿病、腎臓病分野などで資格を持つ薬剤師がいます。薬剤部では、興味ある専門分野に挑戦する人をサポートします。

グループ紹介

調剤グループ

外来・入院処方箋による調剤業務を行っています。調剤では、業務の合理化や医療事故防止に向けて、散薬監査システムや電子カルテによる処方監査体制を整え、薬剤師の負担軽減を図っています。
また、外来患者さんへの書面による薬剤情報の提供を行い、重点的に指導が必要と判断した患者さんには、隣接したお薬説明室で薬の飲み方や注意点について説明しています。

薬品管理グループ

注射剤のセット調剤や抗がん剤化学療法レジメンによる注射薬調剤、安全キャビネットやクリーンベンチを使用しての混注業務を行っています。

情報グループ

医薬品情報や院内採用医薬品の副作用情報などの収集・調査を行っています。

教育体制

〜各セクションを回り、幅広い知識を身につける〜

入職後3カ月間は、薬剤部内の業務習得のため、1週間ごとに各セクションを回ります。その後、1カ月ごとに薬剤部内の各セクションの担当となり、調剤・医薬品管理などの仕事を行います。
10月からは病棟で患者さんに対しての臨床研修を行います。月に数回ある部内の勉強会では、新薬の情報はもちろんのこと、病棟で気になった症例について勉強して発表する機会があります。自分が学んでいる分野以外の知識を身に付けることができますし、チーム医療の現場で活躍しているスタッフも多くおり、その背中を目指しながら働くことができます。

資格取得の取り組み

感染、がん、NST、糖尿病、腎臓病分野などで資格を持つ薬剤師がいます。薬剤部では、興味ある専門分野に挑戦する人をサポートしています。

先輩からのメッセージ


平成14年入職榊原 隆志

近年、病棟での薬剤管理指導業務の重要性がいわれておりますが、まずは、薬剤師として最も基礎となる調剤・注射業務をはじめとする基本業務ができなければなりません。しっかりとしたスキルを身に付けてはじめて、病棟活動が成り立つと考えます。病棟では、薬剤管理指導をはじめ、積極的なカンファレンスへの参加、回診への同行など、薬学的な観点から医師と協働して、患者さんに対してより適切で安全な治療が提供できるように努めることが重要です。
NST・ICTといったチーム医療でも、薬剤師として専門能力を発揮できる場も増えてきています。時に専門的な知識を、時に幅広い知識を求められるため、常に自己研鑽が必要とされます。今後チーム医療の中で、薬剤師はますます重要な役割を担っていくと思います。やる気次第で、自分たちの未来は変わります。患者さんや他の医療スタッフから信頼され、必要とされる薬剤師を目指して、一緒に頑張りましょう。


平成24年入職小嶋 俊輝

Q1入職の決め手は?
私事ではありますが、祖父が刈谷豊田総合病院(当時は刈谷総合病院でした)に入院した際にお世話になり、自分もこの病院で患者さんのために働きたいと思いました。
Q2実際に入職して感じたこと
調剤業務や病棟活動など、全ての業務を通じて日々学ぶことばかりで、昨日の自分より今日の自分の方が確実に成長していると実感できます。また、高度化・複雑化する現代医療の中では薬剤師もより高いレベルの専門性が必要です。
多くの先輩はさまざまな分野で専門性に長けており、認定薬剤師の資格を持っています。今、自分がどの分野を深く勉強していくかはまだ探っている段階ですが、いずれの分野に進んでも専門的な知識を学ぶことができることも魅力の一つだと思います。
Q31日のスケジュール
1年目の時は、朝から夕方まで、薬局内で担当部門の仕事をしていました。現在は、病棟も担当しているため、1日おきに病棟と薬局で仕事をしています。病棟の時は、昼の1時間ほど薬局内の業務をする以外は、病棟で業務を行っています。
Q4これからの目標
病院薬剤師である以上、ある分野で専門性を深め、薬剤部内はもちろん医師をはじめとする、他のメディカルスタッフからも信頼される薬剤師になりたいと考えています。より一層知識を深め、一人でも多くの患者さんの力になりたいです。
Q5後輩に向けて一言
大きな病院は忙しく、淡々と仕事をこなしている印象があるかもしれません。しかし、実際に働いてみると、確かに忙しくはありますがやりがいもあり、とてもメリハリのある職場だと思います。
また、疑問に感じたことを教えてもらいやすい環境です。どの先輩に質問しても的確な答えが返ってくるので、安心して相談ができます。さらに尊敬できて魅力的な先輩ばかりなので、仕事だけでなく飲み会もとっても楽しいです。是非、一緒に働きましょう。

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー内科 腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科
神経内科 循環器内科(循環器センター) 小児科 精神神経科
病理診断科  
外科 上部消化管外科 肝胆膵外科 下部消化管・一般外科 小児外科
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 腹腔鏡ヘルニアセンター  
整形外科 脊椎外科  
心臓血管外科(循環器センター) 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科
産婦人科 耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科
放射線科 麻酔科/救急・集中治療部(麻酔科) 麻酔科/救急・集中治療部(救急・集中治療部)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター がん総合診療センター 緩和ケア病棟 救命救急センター
周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談