医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

先輩研修医の声

2年目初期研修医生田 麻美

様々な経験ができ、
総合力を高められます。

初期研修医2年目の生田麻美です。私は当院で研修すれば多くの症例を早くから経験でき、各診療科の初期対応や治療を学ぶことができると思い当院で研修することを決めました。
救急外来においては一次から三次まで幅広い症例を経験することができ、1年目からwalk inと救急車、両方の初期対応をするため、早くから救急外来に慣れることができます。また月・水・金・隔週の土曜日に研修医勉強会があり、そこでは各疾患の問診事項や初期対応・問題点や改善点などを学び吸収でき、救急外来や病棟業務など、実際に学んだことをすぐに活かす環境もあります。さらに当直後の放射線科読影研修では自分の疑問に思った画像に関して、直接上級医に質問できることも、当院の自慢すべき教育体制です。CTやMRI検査は翌日に放射線科医師によるレポートが全例書かれているため、復習し画像を読影する力になります。難しい症例に出会ったときや対応処置に困ったときも気軽に上級医に相談できる環境であるため安心して診療に専念できます。また救急外来で自分が対応した患者をそのまま受け持ち、上級医とともに診療を行うこともできるため、救急外来の知識だけではなく各科の診察・病棟管理・治療なども身につけることができます。
実際に私は当院で研修して自分で考えてできることが着実に増えてきており、それがさらにモチベーションにも繋がり、当院を研修先に選んで良かったと感じることができます。一度見学に来ていただけると幸いです。

1年目専攻医(外科)北村 浩平

医師の基礎として必要な手技もすぐに学び、実践する機会にも恵まれています

外科専攻医1年目の北村浩平と申します。当院で初期研修を行い、現在は心臓血管外科に所属して、当院を基幹病院とした外科専門医プログラムにて研修を行なっています。当院の救急外来は一次から三次まで多様で豊富な症例が集まります。ここでは、メジャーな疾患だけではなく、各診療科に進んでからでは学ぶ機会の少ないような様々な症例にも出会います。そして、診察・検査・診断・処方など、救急外来での一貫した診療を担うことができます。また、医師の基礎として必要な手技もすぐに学び、実践する機会にも恵まれています。初期研修医のうちにこれらの経験をしておくことは医師として過ごしていく上での大きな自信へと繋がることは間違いありません。勿論サポート体制もしっかりしており、判断に迷う難しい症例などは、上級医の指導のもと、安心して診療に取り組むことが出来ます。
私は入職時には志望科が定まっていましたが、なかなか決めきれていない方や、初期研修を通して進路を決めていきたいと考えている方こそ、当院のような症例に恵まれた病院はオススメです。是非一度見学にいらしてください。

臨床研修センター一覧に戻る

臨床研修センター

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー疾患内科 腎臓内科 内分泌・代謝内科
脳神経内科 循環器内科 小児科 精神科 病理診断科
外科 消化器外科上部消化管肝胆膵下部消化管腹腔鏡ヘルニア
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 心臓血管外科 小児外科
整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科
耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科 放射線診断科
放射線治療科 麻酔科(救急集中治療) 麻酔科(手術室、ペインクリニック)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター 循環器センター 腹腔鏡ヘルニアセンター がん総合診療センター
緩和ケア病棟 救命救急センター 周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談