医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

県指定がん診療拠点病院としての責任を果たす

日本人の死因第一位である「がん」。先進的ながん治療技術を積極的に導入し、患者さ ん一人一人に合った医療の提供に努めています。また、患者・家族の皆さまの心身の苦 痛や負担の軽減のため、さまざまなサポート体制を整えています。

三大治療の充実と安らぎの緩和ケア

  • 三大治療(手術療法・化学療法・放射線療法)などから患者さんの症状に合わせた治療を選択
  • 適した治療を受けていただけるような治療環境を整備
  • 体の痛みや心のつらさを和らげる緩和ケア体制を構築
手術方法

手術療法

白血病などを除いたほぼ全てのがんに対して、進行度に応じた適切な手術を行っています。一部の早期がんに対しては、ガイドラインに基づき内視鏡を用いて切除しています。また、その他の早期がんから進行がんに対しては、腹腔鏡や胸腔鏡、手術支援ロボットを使った体に負担の少ない低侵襲手術を積極的に行っています。
(現在保険診療 として前立腺がん腎がん(部分切除)大腸がん手術を実施)

手術方法
手術方法

化学療法

手術後のがんの再発予防、放射線療法との併用によるがんの根治、進行したがんの縮小や進行抑制、がんによる痛みなどの緩和など、患者さんの病状に合わせて薬剤の種類や投与方法を適切に選択して治療を行います。また、日常生活を続けながら通院で薬物治療を受けていただけるよう、化学療法センターを整備しています。

手術方法
手術方法

放射線療法

根治を目指した治療はもちろん、痛みなどを緩和する目的でも積極的に行われています。体への負担が少なく、麻酔も必要ないため、合併症のある方や高齢の方も選択可能な治療法です。患部に放射線を集中させて副作用を減らすことができる放射線治療装置で精度の高い治療を行っています。

放射線治療科

手術方法

さまざまなサポート体制が整っています

多職種で構成された専門チームが緩和ケアを提供

がん患者さんは早期から進行期までどのような病期にあっても、体の痛みや心のつらさなどに苦しむことがあります。そのような苦痛を和らげて緩める取り組みが緩和ケアです。通院患者さんには緩和ケア外来、入院患者さんには緩和ケアチーム、がん治療を終えた療養患者さんには緩和ケア病棟を整備し、それぞれに最適な体制で緩和ケアを提供しています。

緩和ケア

患者さんやご家族を地域全体で支えます

患者さんやご家族を地域全体で支えます

患者さんに安心して医療を受けていただけるように、がんの地域連携パス(以下がんパス)を活用しながら連携をはかっています。当院では5大がん(肺がん・乳がん・胃がん・肝臓がん・大腸がん)のがんパスを運用しています。患者さんご自身に診療計画書や病気を理解していただき、かかりつけ医とがん診療拠点病院の2人の主治医でサポートしています。

専門の相談窓口に何でもご相談ください

[がん相談支援センター(がん相談窓口)]

がんに関する不安や疑問、療養生活などについて悩みをお持ちの方のご相談に、専門の医療ソーシャルワーカーや看護師がお応えしています。

【その他のサポート体制】
  • がん患者さんやご家族の交流や情報交換の場です。悩みや思いを分かち合ったり、がんに関する情報を得たりすることで、治療や療養に生かすことを目的としています。

  • がん患者さんが就労と治療を両立できるよう、社会保険労務士が病気や治療、仕事の状況を確認して情報を整理しながら支援します。各種制度についても分かりやすくご説明します。

  • 同じ患者さんという立場の方に相談したい場合は、がん治療を経験されたボランティアの方とお話しすることができます。

  • 地域の皆さまに病気や症状などについてより良く知っていただくため、「市⺠公開講座」を開講しております。


  • 当院の担当医から説明を聞いた上で治療方針の選択に迷う場合は、他院の医師に相談したり意見を求めたりすることができます。その結果を踏まえて当院でもう一度担当医と相談し、治療方針を決めていただきます。 ご希望の方は担当医にご相談ください。

先進的な取り組み

  • 脳腫瘍に対する光線力学的療法(PDT) 2017年4月導入
  • 脳腫瘍|膠芽腫に対する電場腫瘍治療システム(オプチューン) 2018年8月導入

脳神経外科

先進医療

抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査

脳腫瘍には、さまざまな種類があります。悪性脳腫瘍に対して遺伝子検査によって通常の病理診断よりも詳しい脳腫瘍の診断ができ、抗がん剤に対する感受性や病気の予後(今後の見通し)について知ることができます。結果に基づいて、手術後の治療計画を立てていきます。

治験・臨床試験

標準治療が確立されていない病気やより高い治療効果が望まれる病気などに対して、従来とは異なる治療を行ってその効果を評価することを治験や臨床試験と呼びます。保険適応のない治療が含まれることも多く、患者さんに対する十分な説明や同意、倫理的配慮が必要です。当院でも新しい治療の確立に貢献するため、症例に応じて患者さんのご希望を確認しながら治験や臨床試験に参加することがあります。

チーム医療

最善の診療方針が選択できるよう各分野に精通した専門家による医療チームがひとりの患者さんをサポートします。

[医師]
内科系医師/外科系医師/麻酔科医師/疼痛緩和ケア科医師/病理診断科医師/リハビリテーション科医師/精神科医師/歯科口腔外科医師/放射線科医師

[看護師]
がん看護専門看護師/がん性疼痛看護認定看護師/緩和ケア認定看護師/がん化学療法看護認定看護師/乳がん看護認定看護師

[メディカルスタッフ]
がん薬物療法認定薬剤師/緩和薬物療法認定薬剤師/臨床検査技師/リハビリ療法士(理学・作業・言語)/管理栄養士/医療ソーシャルワーカー/臨床心理士/ケアマネジャー

早期発見・早期治療が重要です

当院の健診センターでは、女性専用エリアで乳がん検査や子宮がん検査などを受けることができ、健診コンシェルジュを配置した広くてゆったりとした環境で多彩な健診コースをご用意しています。

健診センター

院内がん登録

「院内がん登録」は、当院におけるがん患者さんについて診断・治療およびその後の転帰に関する情報を収集・分析し、がん対策(がん予防・検診)による早期発見、がん医療の質の向上)を推進することを目的としています。患者、家族の皆さまをはじめ主治医、医療機関に不利益が及ぶことがないように情報の適切な管理が法律で定められ、さまざまな安全保障対策が講じられています。

院内がん登録件数

  • 救急医療 災害医療
  • 地域医療連携
  • がん診療
  • 先進的な医療
  • 医療安全・医療の質
  • 健診センター

病院紹介一覧に戻る

information病院紹介

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー疾患内科 腎臓内科 内分泌・代謝内科
脳神経内科 循環器内科 小児科 精神科 病理診断科
外科 消化器外科上部消化管肝胆膵下部消化管腹腔鏡ヘルニア
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 心臓血管外科 小児外科
整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科
耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科 放射線診断科
放射線治療科 麻酔科(救急集中治療) 麻酔科(手術室、ペインクリニック)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター 循環器センター 腹腔鏡ヘルニアセンター がん総合診療センター
緩和ケア病棟 救命救急センター 周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談