医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

診療放射線技師を目指す方へ

ごあいさつ

一人一人が目標を持ち、 仕事を楽しむことができる組織を
目指しています

放射線技術科は放射線を扱うスペシャリストとして、常に進歩する医療技術に対応するために知識を深めて技術を磨き、医療画像の診断能向上に努めています。また、「患者さん第一の医療」を実現するために、他職種との連携を深めながら医療人としてのスキルを身に付け、組織人として自立したモラルある人材を育成しています。
一人一人が目標を持って達成に向けて自発的に取り組むことができ、仕事に対して満足感を覚え楽しむことができる組織を目指しています。
さまざまな環境の変化を良い機会と受け止め、前向きにチャレンジできる人を求めています。

放射線技術科部長河野 泰久

グループ紹介

一般・TVグループ 超音波・乳腺グループ 健診グループ

一般・TVグループでは、専門で担当する技師と他グループからの支援を受けながら業務を行っています。それぞれの持っている情報や専門的知識を生かしながら、自分の得意分野での力を思う存分発揮しております。特にTV検査では、消化器内科や整形外科、泌尿器科などの各科と協働で検査を行い、技師が注腸やUGIを担当しています。

超音波・乳腺グループでは、超音波検査(腹部・その他表在領域)と乳腺検査(乳腺超音波・乳房撮影)を行っています。また、検査の質向上を目的とし、各科の医師と定期的にカンファレンスを行っています。
超音波検査グループでは、初期研修医の超音波研修を担当し、救急室での超音波検査もサポートしています。また、超音波下生検では技師が目的部位を描出するなど医師と連携をしながら検査をおこなっています。
乳腺検査は、乳腺疾患の患者さんをより専門性の高い知識と技術でサポートできるよう、乳房撮影(マンモグラフィ)と乳腺超音波検査の双方を一人の診療放射線技師が担当できる検査環境を整備しています。また、インターベンションにおいては乳腺外科医と連携し、意見交換しながら正確な検査の遂行を目指しています。

健診グループでは、胸部撮影、マンモグラフィ、上部消化管造影検査、骨密度、超音波検査全般に11~12人の診療放射線技師が従事し、撮影したそれぞれの画像に対して所見入力を行うなど画像読影の補助を行っています。検査を行うだけではなくがん発見率の算出や健診結果の最終チェックなども行っています。

救急グループ 病棟グループ 特殊撮影・情報グループ 治療グループ

救急グループでは、CT、超音波の検査を行っています。特に、CT室は救命救急室より直接アプローチできる扉を備え、一般患者と接触させずに救急患者を受け入れ、医師・看護師と連携して迅速な検査を施行しています。救急診療では初期対応が大変重要です。救急エリアに診療放射線技師を派遣し迅速な超音波検査の対応を行っています。また、正確な処置を行えるよう、外傷病院前救護ガイドラインを取得したJPTECプロバイダーの診療放射線技師を中心に、スタッフの救急医療の知識習得にも力を入れています。

病棟グループでは、患者さんのプライバシーと導線への配慮を基本コンセプトにして、入院中の患者さんを中心にX線撮影・CT・MRIの検査を行っています。入院患者さんは手術直後の方や車いす・ベッド搬送の方が多いため、患者さんへの配慮を第一に安全な撮影・検査に注意を払っています。また、患者さんとコミュニケーションを取りながら、日々笑顔を忘れずに業務に当たっています。

特殊撮影・情報グループでは核医学検査・アンギオ検査・医用画像の管理を行っています。
核医学検査では、放射線科医と共にスペクトCT検査・PET-CT検査を行っています。画像情報について綿密に連携し、検査の質向上に心がけています。
アンギオ検査では、頭部血管手術(コイリング)、TACEやステントグラフトなどのIVRおよび血管造影などの業務を行っています。また、医師・看護師とのチーム医療を実践して効率的でより効果の高い治療・検査を心がけながら、夜間の呼び出しを含め24時間体制で対応しています。
情報チームでは、一日に行われる検査の画像情報をPACS(Picture Archiving and Communication System)で管理し、速やかに読影室・診察室へ画像配信するためのサーバーメンテナンスを行っています。また、正確な読影が行えるように、定期的に医用画像表示モニターの管理・調整を行うことも重要な業務の一つです。それ以外にも、RIS(Radiology Information System)のメンテナンスや装置間ネットワーク整備、業務改善に伴うシステムの検討など、診療放射線技師が携わるIT全般を管理しています。IT社会の到来により、病院システム全体もアナログからデジタルへ(紙カルテから電子カルテへ、フィルムから画像データへ)と変わりました。今や診療には絶対に欠かすことのできない画像データを迅速かつ正確に読影できる環境作りを第一に考え、医療サービスの向上に貢献しています。

放射線治療では、リニアック装置とトモセラピー装置の2台にて放射線治療業務を行っています。患者さんのメンタル・プライバシーに充分な配慮をしながら、放射線科医と連携してより精度の高い治療を心がけています。

教育体制

「医療技術」と「心」を備えた「人材」を育成する

放射線技術科(当科)では、「患者さんにありがとうといってもらえる医療」をスタッフ一人ひとりが実践できる組織を目指しています。そのために、当科では「専門的な医療技術」と「人を思いやる心」を備えた「人材」の育成に取り組んでおり、この取り組みは新人技師にも求められています。
新人技師は、多様な撮影業務の習得に加え、他職種スタッフとの連携、さまざまな疾患を持った患者さんへの接遇と安全な医療の提供など課題は多く、不安で慣れない職場環境で入職後すぐに適応することは容易ではありません。
そこで当科では、新人技師育成のために、医療技術は実務担当者が、心はメンターが支援する制度を導入しています。実務担当者は、撮影技術の指導や習得度の進捗管理を行い、安心、安全な医療を提供できるように支援を行います。メンターは、新人技師との面談で一日の業務の振り返りを行い、さまざまな思考と感情の整理、課題抽出や目標実現に向けた支援をします。また、科内研修では、医療の知識や技術(テクニカルスキル)、考え方や伝え方(ノンテクニカルスキル)を体験し学ぶ機会もあります。このような仕組みを安定稼働するために、専任ではありませんが、人材育成を担う部門を設置して、全体最適を図っています。
新人技師がやりがいを感じ、いきいきと働くことで、技術と心を備えた信頼される人材へと成長することを期待しています。
そして当科では、スタッフ全員が人材育成に取り組み、共に悩み、共に考え、共に行動する風土があります。共に切磋琢磨しましょう。

ローテーションの頻度

放射線技術科では、あらゆる診療科からのX線撮影、CT検査、MRI検査、US検査、RI検査など各モダリティの検査依頼に対応しています。
診療放射線技師として、各モダリティで専門性を極めるスペシャリストが医療の質を高めることで、患者さんへの貢献につながります。また、経歴を積んで幅広い臨床知識を持って、他院状況を把握しながら自院の中で何を貢献できるか、どのような人材を育成していくか、放射線技術科全体を俯瞰して想像できるジェネラリストが必要とされています。
「検査技術の向上と診療支援」を目指し、固定概念にとらわれない幅広い視野を持った診療放射線技師となるために、各スタッフの才能や性格、本人の希望、将来のビジョンに十分に配慮した上で適材適所のローテーションを行っています。
1年目技師は、日直や夜勤に必要なスキルであるX線撮影・ポータブル撮影・TV検査・救急対応CT検査・救急対応MRI検査に対応できるよう、半年間の研修期間を設けています。その後、X線撮影を中心にルーチンCT検査を習得しながらX線撮影・CT検査・MRI検査の読影の補助となる読影力の向上に努めています。入職から1年半後にようやくそれぞれのグループに配属され、3~5年をローテーションの目安として各モダリティを担当します。

資格取得の取り組み

さまざまな認定取得に対して支援を行っています。

放射線技術科では、学術的研究活動ならびに学会発表や、診療放射線技師会認定をはじめ、さまざまな認定取得に対する支援を行っています(表参照)。放射線診断領域に関するキャリアアップ・スキルアップは「広く認められる診療放射線技師であるべき」という考えに基づいています。
病院業務に支障を来さない範囲で、大学院への通学や社会人講座への参加も認めており、幅広い視野を持つ医療従事者の育成に努めています。

取得資格を見る

先輩からのメッセージ


2015年入職藤井 健斗

私は現在、血管撮影業務を主に担当し、患者さんにとって最善の治療が出来るよう、医師や看護師と協力しながら検査、治療に臨んでいます。イメージングデバイスの操作や読影など、治療に貢献できる場面も多いため、自己学習が重要と考え、同僚と共に院外の勉強会に数多く参加しました。また、研究発表も3回経験し、研究の奥深さとプレゼンテーションの難しさを感じることが出来ました。
入職3年目より人材育成にも携わっています。入職後2年間の教育期間を終えた直後に教育者側になり、困惑も大きかったですが、未熟ながらも後輩と積極的かつ真摯に関わる中で自分の視野を格段に広げることが出来たと感じています。
当院は、新たな物事に挑戦する人に適した環境で、新人のメンタルケア、研究発表への支援、院外の勉強会参加に対するサポート等も充実しています。自分の可能性に挑戦したいという意欲的な方、ぜひ当院へ足を運んでください。お待ちしております。

経歴

2015年4月~ 一般撮影・TVグループ
2015年10月~ 治療・IVRグループ
2017年4月~ 人材育成グループ兼務
2018年10月~ 超音波グループ兼務

取得した認定資格

2017年11月 放射線管理士
2017年11月 放射線機器管理士
2018年9月 日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師

研究発表

2017年11月 平成29年度西三技師会 第2回研修会
演題名 : IVR術中における3D医用画像処理ワークステーションによる画像支援
2018年6月 34th Picasso Seminar in Nagoya co-medical course
演題名 : RCAに対してrotablator後のOCTにて壁在血栓を観察し得たが判断に苦慮した1例
2019年6月 第41回CVIT東海北陸地方会(Young Investigator Award)
演題名 : ACC/AHA病変形態分類とPCI施行時の患者被ばく線量の関係


2018年入職野平 沙織

Q1入職の決め手は?
当院は救急部門に力を入れており、その中で働くことで自分を成長させることが出来ると考えました。病院見学の際、先輩方の意識の高さに感銘を受け、自分もそうなりたいと強く思った事が入職の決め手となりました。
Q2実際に入職して感じたこと
優しく話しやすい先輩が多く、良い雰囲気だと思います。
また教育体制が充実しているため、社会人としても医療人としてもレベルアップ出来る環境が整っています。メンター制度もあり、困ったときに頼れる先輩がいることはとても心強いです。
Q31日のスケジュール
一般撮影グループで一般撮影、ポータブル撮影、TV検査を担当しています。
週に1回ほどCT検査も担当しています。
Q4これからの目標
当院で検査を受けて良かったと患者さんに感じて頂けるよう今後も臨床の知識を増やすこと、検査技術の向上に努めていきます。
Q5後輩に向けて一言
教育制度や学会発表支援など、頑張る人をサポートする体制が整っています。
実際に自分の目で見て肌で感じるのが一番だと思うので、興味のある方は是非病院見学に来て下さい。待っています!

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー疾患内科 腎臓内科 内分泌・代謝内科
脳神経内科 循環器内科 小児科 精神科 病理診断科
外科 消化器外科上部消化管肝胆膵下部消化管腹腔鏡ヘルニア
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 心臓血管外科 小児外科
整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科
耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科 放射線診断科
放射線治療科 麻酔科(救急集中治療) 麻酔科(手術室、ペインクリニック)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター 循環器センター 腹腔鏡ヘルニアセンター がん総合診療センター
緩和ケア病棟 救命救急センター 周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談