医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院

電話・メールでのお問い合わせ

臨床検査技師を目指す方へ

ごあいさつ

臨床検査の先にある患者の皆さまの健康のために

臨床検査・病理技術科では、安全・正確・迅速な検査データで患者の皆さまの健康に貢献することを目的としています。
検査室が優れたサービス組織として継続するには、人材育成と組織能力の成長、効果的な業務システムとプロセスの構築、患者さんや医師などの顧客に機能する相乗的なサービス体制、そして継続的な改善が必要です。当科ではISO15189認定資格を取得し、この国際的に認められた品質マネジメントシステムを科内で展開し検査室のサービス体制に役立てています。
私たちは臨床検査の先にある患者の皆さまの健康に思いを寄せ、確かな技術力を着実に習得する素養を持ち、その技術力を効果的に発揮できる豊かな人間性を育める人を求めています。

臨床検査・病理技術科部長中村 清忠

グループ紹介

検体・遺伝子グループ

生化学・血液・免疫血清・遺伝子検査を担当しています。グループ内の検査担当は2カ月ごとにローテーションするため、幅広い検査知識、精度管理技術・機器保守管理技術が求められます。それぞれの検査データーは検体検査システムを駆使し安全、正確、迅速な検査結果を効率よくタイムリーに報告しています。 

輸血グループ

輸血検査・血液製剤管理・緊急検査を担当しています。輸血における患者情報、患者データ、血液製剤の管理、統計処理などはシステム管理され、I&A認定施設として安全で適正な輸血療法が実施できるよう努めています。また、一般検査、中央採血室管理、血液ガス、糖尿病療養指導、糖尿病データ管理支援システムおよび使用するPOCT対応機器の管理なども担当しています。さらに、検査についての問い合わせや、物流管理も担当しています。患者さんと接する機会があり、ホスピタリティーが求められるグループです。

I&A:日本輸血・細胞治療学会により、適切な輸血管理が行われている施設を保証する認定資格

感染制御グループ

塗抹検査・培養検査・同定検査・薬剤感受性検査・遺伝子検査などを担当しています。ICTと連携し院内感染管理や感染情報の発信、感染防御のための教育など行い、院内の感染制御に貢献しています。認定臨床微生物検査技師制度認定研修施設でもあり、ICMTなど資格認定にも対応しています。

生理グループ

循環器系検査・呼吸器系検査・神経系検査・代謝系検査・脳波睡眠検査、健診などを担当しています。測定データを直ちに電子カルテで確認できるシステムを構築し、迅速で正確な結果報告を行っています。また、神経モニタリング検査では手術スタッフとして検査を行っています。

病理グループ

病理組織検査・細胞診検査を担当しています。婦人科領域での細胞診検査では標本の標準化と診断精度の向上を目的として早期にThinPrepシステム(液状化検体細胞診)を導入しました。HPVのDNA検査や免疫細胞化学的検査などにも応用しています。環境に配慮したキシレン・アルコールのリサイクルも行っています。

教育体制

〜能力に合わせたさまざまな教育を行います〜

科内の基本的教育訓練計画に基づき、新人教育・社会的教育・専門教育などを行っています。若いスタッフには幅広く臨床検査部門を経験してもらうよう2〜3年でのグループローテーションを目標として、中堅者には適正を判断し中〜長期間での配属を行っています。科内勉強会は毎月行われ、院内CPCや乳腺カンファレンスなど他部門との合同カンファレンスも行っています。

新人教育

全人教育
医療人としての倫理・接遇・組織についての教育
総論教育
検査の流れ、チーム医療としての他職種との関わり、技師会活動への積極的参加、検査技師と患者さんとの関わりについての教育
専門教育
OJTによる技術指導、精度管理の基礎、科内勉強会による教育

社会的教育

接遇教育
社会人としてのマナー・言葉遣い・挨拶・礼儀・電話対応などの教育
管理運営
医療保険制度・医療改革・リスクマネジメントなどの教育

専門教育

学会・研修会
定期学会出張、各種研修会参加、学会発表、講演、論文発表などの奨励・指導
メンテナンス教育
OJTによる技術指導・学術団体・メーカーによる講習
認定技師育成
OJT・学術団体・メーカーによる各種認定技師取得への教育
実践教育
科内の各グループによるOJTでの技術指導、データ判読・精度保証に関する教育・勉強会など

先輩からのメッセージ


2014年入職神谷 美聡

臨床検査技師の仕事は、迅速に正確な検査データを報告することはもちろん、その先にある患者さんの健康に貢献していくことです。また専門性を高めることで、他職種と連携しながらチーム医療に参画する機会が増えています。そのためには多様な知識と技術が必要になるため、日々学会発表や資格取得など学術活動に励んでいます。新しい発見や学びは、自身のモチベーションにもつながります。
当科は、何事にも前向きに取り組む姿勢、新しい事に進んで挑戦する精神、若手技師にもチャンスを積極的に与えてくれる環境があります。臨床検査技師としての専門的な技術はもちろん、社会人として学ぶ事も多い環境だと感じています。加えて、どんな時も支え合い、見守ってくれる温かい雰囲気があります。忙しい業務の中でも、尊敬する先輩やお互いに刺激しあえる同期、後輩と充実した日々を送っています。
皆さん、私たちと一緒に働きませんか。共に切磋琢磨しあえる仲間を心待ちにしています。

2018年入職安藤 真帆

Q1入職の決め手は?
先進的な医療機器を備え、救急医療やがんの診療など高度な医療を提供している地域の中核病院への憧れと、経験を積む機会を積極的に与えてくれる職場環境のなかで臨床検査技師として成長できると感じ入職を決めました。
Q2実際に入職して感じたこと
日々の業務を覚えるのに必死で毎日があっという間でした。自分が報告した検査結果が診断等に関わってくるという責任は重く不安になることもありましたが、一緒に働くスタッフの明るい雰囲気やプライベートに全力な姿が働くモチベーションになりました。
Q31日のスケジュール
感染制御グループに属し、午前中は培養・同定検査などに加え採血業務も行います。
午後は塗抹・感受性検査などを行います。
Q4これからの目標
より多くの知識を日常の検査業務に活かし、患者・病院そして地域に貢献できる臨床検査技師を目指しています。現在はスキルアップの一環として認定臨床微生物検査技師の資格取得に向け学会発表や技術習得に日々励んでいます。
Q5後輩に向けて一言
常に最先端の医療を求める精神や効率的な業務体制を目指す姿勢、そして志の高い先輩や向上心のある後輩とお互い刺激しあえる雰囲気が大きく自分を成長させてくれる職場だと思います。共に成長していける後輩との出会いを心待ちにしています。

お問い合わせ・診療時間・アクセス

医療法人豊田会について 病院概況 病院幹部 診療実績 病院の歴史
取り組み・目指す姿 広報・イベント情報 臨床研究 病院情報の公開
ご利用にあたって 外来受診 入院案内 お見舞い 健康診断・保健指導 救急・緊急の方
内科 消化器内科 呼吸器・アレルギー疾患内科 腎臓内科 内分泌・代謝内科
脳神経内科 循環器内科 小児科 精神科 病理診断科
外科 消化器外科上部消化管肝胆膵下部消化管腹腔鏡ヘルニア
呼吸器外科 乳腺・内分泌外科 心臓血管外科 小児外科
整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科
耳鼻咽喉科 眼科 歯科・歯科口腔外科 リハビリテーション科 放射線診断科
放射線治療科 麻酔科(救急集中治療) 麻酔科(手術室、ペインクリニック)
手術室 高気圧酸素治療室 血液浄化室 内視鏡センター
脳卒中センター 循環器センター 腹腔鏡ヘルニアセンター がん総合診療センター
緩和ケア病棟 救命救急センター 周産期母子医療センター
薬剤部 放射線技術科 臨床検査・病理技術科 リハビリテーション科
臨床工学科 栄養科    
看護部 臨床研修センター 安全環境管理室 健診センター
患者サポートセンター地域連携室総合相談室入退院支援室
地域連携のご案内 かかりつけ医を持ちましょう セカンドオピニオン外来
連携先医療機関の方へ ケアマネジャーの方へ 地域連携パス
治療や療養上の総合的な相談 療養中の不安や医療・福祉・介護の制度について
がんに関する相談 地域医療連携・在宅療養についての相談
医療費についての質問や支払い相談